CGCREATORS


革新的で、速く、簡単

CINEMA 4DのシーンをAfter Effectsにインポートして合成してレンダリング

新しいAfter EffectsのMAXON CINEWAREは、コンポジットのワークフローを新しいレベルにします。CINEMA 4Dのシーンファイルを素材としてAfter Effectsに読み込むだけでなく、CINEMA 4Dの強力なマルチパスをレイヤーとして扱うことができます。

After Effectsに搭載されたMAXONの革新的なツールであるCINEWAREは、スピーディなワークフローと自由度の高い環境を提供します。簡単にCINEMA 4Dのシーンにある特定のレイヤやオブジェクトを選択して微調整できます。3Dのワークフローは、これまでにないほど簡単になります。

モーショングラフィックス・VFXアーティストの佐藤 隆之 氏によるCINEMA 4D Liteを使った3DCGムービーの制作からAfter Effectsを使って仕上げまで行う過程をご紹介しています。

CINEMA 4Dのネイティブファイルをサポート

たくさんのファイルフォーマットもストレスなく

CINEWAREを使えば、Adobe After EffectsでCINEMA 4Dのネイティブファイルが開けます。3Dコンテンツをレイヤーとしてコンポジションに追加して、CINEMA 4Dのシーンにあるカメラやレイヤー、ヌルオブジェクト、ライトといったの個々のエレメントをAfter Effectsで直接編集できます。CINEMA 4Dの汎用性の高いインポート機能を使えば、AlembicやCOLLADA、OBJ,FBXなど主要な3Dフォーマットを取り込んでCINEMA 4Dファイルに変換できます。 CINEWAREは、直接After Effects上でCINEMA 4Dファイルを作成できるので、少し練習をすればすぐに、自分の手で3Dエレメントを制作できます。
もし、CINEMA 4Dのライセンスをお持ちでない場合は、Adobe After Effectsには、CINEMA 4D Liteをお使いください。3Dエレメントの制作に必要な基本機能はお使いいただけます。

After Effectsで直接レンダリング

リアルなために: 反射、屈折、グローバルイルミネーション

CINEMA 4Dの標準レンダラーのCINERENDERが、Adobe After Effectsに完全に統合されています。つまりフォトリアルなレンダリングも直接After Effectsのビューポートで行えます。レンダリングの品質を自分で調整して画像のクオリティとパフォーマンスをバランスを考えながら調整できます。シームレスに統合されたCINERENDERにより、After Effects内で鏡面反射やアンビエントオクルージョン、グローバルイルミネーションなどのリアルなレンダリングできます。CINEMA 4Dのレンダリング設定が自動的に適用されます。

シームレスなコラボレーション

変更は、すぐに反映。

テクスチャを変更したり、オブジェクトを動かしたり、アニメーションの変更、ライトやヌルオブジェクトの追加などCINEMA 4Dのシーンを変更後保存すれば、After Effectsの方も自動的に更新されます。わざわざ書き出しや変換、After Effectsで再読込をする必要はありません。CINEWAREのライブ3Dワークフローなら、簡単に短時間で済むので、時間をよりクリエイティブな作業に使えます。

コンポジットパスとレイヤー

何をレンダリングするか、いつするかは自分で決める。

CINEWARE内で、After Effectsで合成したいレイヤやパスを決められます。コンポジションで使う3Dエレメントをなんども使ったり、レイヤを使って複数のセットアップを組み合わせることもできます。どのパスをレンダリングするか、どのパスをAfter Effects内で直接使うことも指定可能です。各パスをどのように合成するかは、Adobe After EffectsやPhotoshopのような感覚で扱えます。共同作業でCINEMA 4Dでパスの設定を忘れてしまっても、CINEWAREにあるボタンをクリックするだけでパスをを分けることができます。しかも、作業はすべてAfter Effects上で行えます。

3Dナビゲーション

After Effectsのカメラだけじゃない

CINEMA 4DのシーンにあるすべてのカメラをAfter Effectsにインポートできます。つまり、CINEMA 4Dのカメラをコンポジションで使えます。CINEMA 4Dのカメラのパラメータは、After Effectsの座標システムに調整され、それをAfter Effectsで作成したカメラと同じように修正できます。CINEMA 4DのライトもAfter Effectsのライトとして読み込んで編集できます。ライトの明るさや色、減衰、半径、影などもAfter Effectsの設定を使って変更できます。

アップグレードするか、そのまま使うか

さらなる成長を求める方は、CINEMA 4Dがお手伝いします。

After Effectsには、CINEWAREに加えCINEMA 4D Liteが含まれています。LiteにはCINEMA 4Dの基本的な機能が含まれており、3Dをこれから始める方には最適です。 プリミティブ形状の作成やポイントやポリゴン、エッジに対して移動やスケールを変更したり、ベジェやテキストツールなどスプラインを使ったモデリングが行えるので、ロゴやタイトルシーケンスなどが作成できます。テクスチャを割り当てて材質を指定からライティング、アニメーションを作成できます。 世界中の著名なモーショングラフィックス・デザイナーが愛用しているCINEMA 4D BroadcastもしくはStudioにアップグレードはいかがでしょうか - CINEMA 4Dの強力な機能が利用でき、より自由に仕事が行えます。まずは、CINEMA 4Dのすべての機能をお試しください。